FXで損をする人、得をする人の違い

fs1dwwsdc 『ギャンブルのように勝ちにはこだわらない』

得するfxって何:すべてのトレードにおいていえるのは「つねに利益を上げ続ける」投資などありえない、ということです。え?でもプロはそれで生活をしているのでは?と思う方もいるでしょう。しかしプロであればあるほどむしろ、そういった姿勢とは無縁なものです。逆に初心者であればあるほど、ぜがひでも100%利益を上げていこうとする傾向が見られがちなのです。

どういうことでしょうか。

たとえば、一度の投資で負けてしまったとしましょう。するとその損失を取り返そうとして、これまでとは違うルールでエントリーをしてみたり、さらには大きな利益を狙ってポジションサイズを大きくしてみたり、とよけいに損失が広がりかねない行為におちいっていくのです。こうした姿勢は、大変危険なものです。

トレードにおけるポイントは、あくまで「トータルで利益を上げる」ことです。たとえばいくら勝率を上げたところで、極端な話ですが、10度のうち9度うまくいったとしても、1度の失敗でそれを上回る損失を出してしまっては元も子もありません。逆にプロというのは、たとえ9度失敗したとしても、1度の利益でそれを上回るようならよい、と考えている人たちなのです。

そういった意味において、FXというものは勝率はそれほど高い投資とはいえません。しかしトータルでこそ利益を上げやすい投資商品であるということができるでしょう。

トレードというのは、一度の勝負にこだわってはギャンブルのように熱くなるものではありません。むしろそういった気持ちは、かならずFXでは失敗をもたらすとさえいえるでしょう。失敗は失敗として素直に受け入れ、その原因を分析し、逆に今後の投資に活かすようにすぐ切り替えていきましょう。

『絶対にしてはいけない、損切りを深くする行為』

このように、熱くなりがちな初心者が気を付けなければいけないのが、「損切り」を深くしてしまうという行為です。これは一見、長期的に相場を見ればまだ挽回の余地はあるはずだ、と冷静に考えているようでいて、結局のところ「まだ取り返すチャンスはあるはずだ」と勝負にこだわっている姿勢にほかなりません。失敗を認めたくない。その気持ちが、損切りを深くする、という行為にあらわれやすいのです。

したがって、「損切りを深くする」という行為だけは、絶対に避けるようにしましょう。こうした行為が怖いのは、またそれがたまたまうまくいったりすると、徐々にクセになっていくものでもあるからです。しかしいずれは失敗を繰り返し、大きな損失を出し続け…待っているのは、もちろん破綻でしかありません。

とにかく、トータルで利益が上がりさえすればいい、それでもダメだった場合には、どこが甘かったのを検証する、くらいのおおらかな気持ちでFXには取り組むようにしていきましょう。Highlowという業者は、専門家が待機しており、リスク管理等、ユーザーが破産しない取引についてのアドバイスを提供しています。ハイロー出金手続きがスムーズに行えることから、人気があります。