サラリーマンにFXの確定申告は必要なのでしょうか

fsdwwsdc 結論から言いますと、職種を問わずイエスです。fxの手数料やバイナリーオプションの引き出しにももちろん関係してきます。正確に言いますと「年収2000万以下で、20万以下の雑所得の場合は必要なし」となります。1回やって、5万儲けたと言う場合は、悩まずお小遣いにしましょう。

問題は、22万ほど儲けた状態で利益を確定しているか、決済済みかどうかです。FXの場合は、決済完了で初めて利益として認められます。年をまたいでしまった人の場合は、翌年の利益となりますので、気をつけてください。

ところで、2012年の店頭外国為替証拠金取引における税制改正で、FXや各種取引などの損益が相殺可能になりました。つまりFXで50万の利益、証券先物取引で50万円の損を出していれば、課税はされません。しかし注意しなければいけないのは、現物株はこの法律に含まれていないということです。つまりFXで50万の利益、株で50万円の損を出した場合は、FXの利益はそのまま課税対象になります。オンライン取引限定ということではなく、FXの場合は店頭取引でも、相殺可能です。

この法律に適応した取引が解りにくい場合は、税務署へ聞いたほうが確実です。脱税はかなりの重罪となりますので、申告しすぎて損はありません。注意しましょう。

また上記法律に適応した損失は3年ほど繰越相殺が可能です。ただし気をつけなければいけないのは、損失を出した初年度に確定申告をしておくこと、そして継続申告をしておくことです。

サラリーマンに限らず、誰でも「雑所得」が20万を超えたら確定申告と思っていてください。ただし、専業主婦など扶養家族の場合は異なります。税務署までお問い合わせください。また主婦の場合、年収130万円の壁と言いますが、1年だけ超えてしまった場合に扶養家族から外れることはありません。ただし、FXで継続して収入を得ているとなると、収入源とみなされます。

税金が不得手な人の場合、とにかく損失をきちんとチェックすること、領収書などをきちんと取っておくこと、税金申告の場合に過不足なく、自分の資産状況を説明できるようにすること、の3点をお勧めします。先に書いた各種取引の相殺についても、詳しい知識が無い場合でも「複数の取引をしている」という事実と詳しい金額が判れば、税務署で計算可能です。

1番やってはいけないのは、思い込みで申告をしないこと、金銭の値動きの証拠がないことです。金銭の授受については、通帳の出し入れだけでも証明になります。FXやその他投資をする場合は、専用の口座を開設しておくと判りやすく、日頃のリスク管理も安心です。どんな形であれ、収入を得ると言うことは税金を意識するということです。金銭管理は他人に説明できるように投資を行うのがルールだと思ってください。

ちなみに、FXなどの運用利益の税金は20%です。税法改正で利益に関わらず一律ですが、基本的には20%は税金になるものと思って運用をするほうが間違いがありません。